低燃費のためのスペシャルモデルとも言える初代ハイブリット車が中古車市場でプレミアムな価値を持っています

低燃費に特化したハイブリット車が中古車市場で注目されている

低燃費に特化したハイブリット車が中古車市場で注目されている

低燃費に特化したハイブリット車が中古車市場で注目されている

初代のハイブリット車がプレミアムな価値を持つようになってきています。ホンダのインサイトの初代はハイブリットの先駆者でありますが、アメリカでは中古車がプレミアム価格で取引されているようです。たしかに希少車なので日本でも街で見かけることはあまりありませんよね。アメリカでも同じように希少車なのでしょう。1つの時代を築いたハイブリット車へのリスペクトのようなものを感じますね。アメリカの独特なクルマへの価値観の一端を見るような気がします。995cc直列3気筒のSOHCエンジンをベースにモーターを組み込んだハイブリット構造が初代インサイトの特徴です。その当時の世界最高水準の低燃費を目指したホンダの意欲作です。ハイブリットシステムだけではなく、スポーツカーのNSXにも多用されたアルミフレームを用いることで軽量化を計り、デザインを工夫した徹底した空気抵抗低減などの努力を積み重ねた、低燃費のためのスペシャルモデルとなっていました。リアのタイヤの部分をスカートで覆い、空気抵抗を低減しているあたり、タダモノではないという感じです。Cd値0.25を実現化したボディラインは今のCR-Zを思わせるようなスポーティなもので、時代を感じさせない未来的なデザインです。

このような日本的な精魂込めた改善の積み重ねのような車を外国の中古車市場で評価してくれているのはなんだかうれしいですね。日本がリードしているハイブリット車ですが、初代プリウスや初代インサイトなどの先駆者が市場を広げて行ったからこそ、今日のハイブリット車ブームがあるのです。これからも日本車は低燃費を武器に伸びていきそうです。従来は燃料費の高騰という経済的な問題から低燃費車が脚光を浴びてきたのですが、これからは無駄なエネルギーを使わないエコという観点からが脚光を浴びていきそうです。エコや環境保全が重要なポイントになってきましたし、地球温暖化の問題も深くからんできますので、ますます低燃費車は求められるでしょう。

Copyright (C)2016低燃費に特化したハイブリット車が中古車市場で注目されている.All rights reserved.